カブトムシの幼虫飼育中の、昆虫マットのメンテナンス

カブトムシの幼虫は、昆虫マットを食べてます。
マットを食べれば、糞もします。
マットが減っていない様に見えても、ほとんど糞っていう事もあります。
1,2カ月に1度は中を確認してみるのをおすすめします。
1126i01
お店で飼育しているカブトムシの幼虫のマット
フルイにかけると、ほとんど糞でした。(ここまでになる前にメンテ必須。
フルイは、園芸屋さんなどで売っていると思います。
がさっとマットを入れてふるいますと。マットと糞に分離できます。
1126i02
この丸いのは全部カブトムシの糞です。
この糞ばかりの状態が長く続くと、幼虫が成長できず
成虫も小さくなってしまいますので、たまにはメンテナンスしてください。
あと、あんまり霧吹きはし過ぎないようにご注意ください。
虫がわきやすくなります。

当店おすすめ、
カブト一番JB 水分量調整済みのマットも販売してます。
人気です。当店も使用中 JBはにおいも少なくて扱いやすい。

掃除したら、新しい昆虫マットを補充して終了です。
1126i03
カブトムシを戻せば戻って行きました。
国産のカブトムシの幼虫飼育中の方は、
年末までに1度マットの補充や、掃除をしておくのをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。