グリンダルワームのセット手順を動画にまとめました。

グリンダルワームおかげさまで、ご注文頂いています。
生き物屋PooL in STORESで販売中

以前作った動画は2018年と昔になってしまったので、
新しくグリンダルワームの到着時からセット手順をまとめた動画を新しく作りました。
ご参考下さい。

便利で有能なこの生き餌がもっと普及すると、
難種といわれる小魚の立ち上げ維持がかなりやりやすくなる有能な餌です。
ラスボラアクセルロッディとか、ミクロラスボラとか、ラスボラハナビとか、
パラドックスフィッシュとか、小型の珍カラとか、色々
ウーパールーパーとか有尾類系の幼体に与えてもよく食べますが、さすがにサイズが小さいかも。
与えるの餌の選定で、ブラインシュリンプじゃ小さすぎる
イトメじゃ大きすぎるという生き物に与えると今までとは違う新しい結果が出てきます。

グリンダルワームを与えれば、とりあえず餌食べなくて
ガリガリになって、白点出して死んでしまうというよくある失敗は激減します。

上記のような魚の、購入直後の痩せているときの対応方法は、
ブラインシュリンプを日に1,2回1スポイト分位与えて
砂を敷いてある水槽ならばグリンダルワームをワームフィーダーに入れておけばいいですし。
砂のないベアタンクなら、ワームフィーダーなしでグリンダルワームをまいてしまっても大丈夫です。
1週間程度頑張れば、生き物はだいぶ安定した状態になります。

ワームフィーダーを使用すれば、デリケートでも臆病な魚でもフィーダーの近くを泳ぎ始めるので、
隠れて見えないという、小魚あるあるなことも軽減します。
とりあえず、小魚で失敗していて なんとかと思っている人は一度使えば新しい扉が開かれる餌です。
当店のセット法なら、家庭でも許容範囲な維持管理だと思います。
常に悪臭がするとか、冷蔵庫にいれるなど特殊なことも不要です。実用できる生き餌です。

2020年の今年はイトメの入荷はかなり不安定になることが考えられますので、
新たな生き餌の利用を考えてもいいかもしれません。

当店は、繁殖している容器から用土ごとすくって送りますので、
それなりに卵幼体など入ると思いますが、
それでも、繁殖セットを作ってから、沢山ふえ始めるのに約1か月程度かかります。
その期間は必要だと、考えておいてください。
はじめの1か月は、抑えめに使用して、
無事ふえ始めれば、後は大量に確保利用が可能で、増産も容易となります。
とりあえず、便利で食いつき最高です。
ブラインシュリンプだけだと上手くいかないと思っている人は、感動の品。

ご購入時は、よろしくお願いします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。