クエン酸と重曹の反応

覚書的に、しらべたことをまとめておきます。
クエン酸 + 3重曹 → 3二酸化炭素(気体) + 化合物(液体) + 3水
クエン酸192.124 g/mol / 重曹84.007 g/mol / 二酸化炭素44.01 g/mol

クエン酸192gと重曹3×84g=252gが反応して、二酸化炭素3×44g=132gが発生
クエン酸100gと重曹130gが反応して、二酸化炭素が68gが発生

通常の小型ボンベは74gですので、同量を発生させるためには。
クエン酸108g 重曹141g でセットすれば 二酸化炭素約74g発生のはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。