グリンダルワーム使用ケース新設置

グリンダルワームの生産がだいぶ軌道にのり、数が確保できるようになりました。
次のステップとしては、
安定的に魚たちに与えられるようにするセットと使い方の試行です。
こんな感じで、イトメ1カップの量が優に確保できるようになりました。

これらを新ケースにセット。

いくつか試した感じだと、
深めの容器で、蓋には大きな穴をあけた方がいい気がします。

こんな感じ。
今回は家庭での使い方の試行のため、蓋とケースの間に、メッシュを入れて
ごみなどの混入をシールドします。

2ケース製作

2ケースで安定供給ができるか実験です。
ダメな場合はケースの増量で対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。