インフゾリアとビネガーイールサイズ比較

ブラインシュリンプを食べれないサイズの稚魚の餌
定番のインフゾリア(ゾウリムシ)と、ビネガーイール
参考画像2枚 100倍

150倍

見た感じですが、ビネガーイールはサイズがバラバラであり、
これよりも小さいイールもいる様です。
そしてよく泳ぐ、顕微鏡で見ている最中もあっちこっちとうねうね。
稚魚の食欲をそそるといわれるゆえんですね。
培養中も明らかにうねうねしていますしね。
インフゾリア(ゾウリムシ)は、サイズは均一の様です。
あと、カバーガラスをかけたからかほとんど動いていませんでした。
同一条件でも、ビネガーイールは動き続けていたのですが。

ビネガーイールの分離器でも分離しきれない小さいイールもいるようで、
本当に小さい稚魚には、分離せずに与えるのもありかと思います。

細かく見る前は、サイズ差がもっとあるかと思われていたのですが、
パット見は思ったほどサイズ差なさそうだなと、ある人と談。
とは言え、その珍カラをブリードしている人は明らかにビネガーイールの
効果を感じているようですので、このサイズ差は影響があるのでしょう。
もしくは硬さ? 動き?
参考までに画像を残します。

画像のビネガーイール、インフゾリア 分離器はセルバス北赤羽店で在庫販売中です。必要な方はお越しください。郵送も対応します。ご相談ください。
現在準備中2017年12月1日現在

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。